HOLO(ホロ)

2019.11.28 7つの植物成分

花や果実、自然の恵みをたっぷりと。

降り注ぐ太陽の光を浴び、豊かな大地でしっかりと育った、モモやキイチゴ、ソメイヨシノやアーチチョークなどの食物成分も選び抜いて配合しました。皮膚の乾燥を防いでうるおいを与え、保護する。家族のすこやかな肌を保つために何度も試作を繰り返しながら7つの成分を組み合わせています。

  1. モモ葉エキス

    天然のポリフェノールがやさしく皮膚を保護します。
    モモ葉エキスに含まれる天然のポリフェノールには、殺菌作用や抗炎症作用が含まれています。そのため、あせもやニキビなどの肌トラブルの改善に効果が期待できます。また、モモ葉エキスは刺激が少なく抗アレルギー作用もあるので、アトピー皮膚炎予防としても効果的だと言われています。

  2. ソメイヨシノ葉エキス

    ソメイヨシノから抽出したエキスが肌を整えます。
    サクラの樹皮は桜皮と呼ばれていて、昔から日本の民間薬として解毒、鎮咳薬、去痰剤、腫物、じんましんなどに対して効果があるとして利用されてきました 。かゆみの原因となるヒスタミンやアラキドン酸、カラゲニンが過剰分泌されるのを抑えたり、かぶれの原因となるパラフェニレンジアミンを抑制し炎症、肌荒れ、かゆみの改善が期待されます。

  3. キイチゴエキス

    ビタミンやミネラルの他、ポリフェノールを含んでいます。
    キイチゴ果実より抽出されたエキスで、保湿効果をはじめとして、美白効果、鎮静効果、皮膚の代謝を活性化するなどの働きがあるので、皮膚コンディショニング剤として幅広く使用されています。また、肌に不足しがちな栄養を補完し、細胞の能力を高めてダメージを受けた細胞の修復も助けてくれます。

  4. シア脂

    飽和脂肪酸のオレイン酸が、肌になじんで保護をサポートします。
    ヒトの皮膚が自然に生成する皮脂と非常に相性の良い飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれています。中央アフリカに多く分布する樹木シアの種子から得られる油脂で、1000年以上も昔から肌の乾燥を防いだり、紫外線から肌を守るために使用されています。肌なじみの良いオレイン酸やステアリン酸、ビタミンEなどが豊富に含まれ、加齢で失われた肌のハリを高めます。

  5. セイヨウオオバコ種子エキス

    フラボノイドがハリとうるおいを与えます。
    かゆみの原因となるヒスタミンやアラキドン酸、カラゲニンが過剰分泌されるのを抑えたり、かぶれの原因となるパラフェニレンジアミンを抑制し、炎症、肌荒れ、かゆみの改善が期待されます。

  6. アーチチョーク葉エキス

    薬用ハーブとしての歴史は古く、肌荒れを防いでくれます。
    アーチチョークは国内ではイタリア料理の食材として知られていますが、薬用ハーブとしての歴史は古く、ギリシャ・ローマ時代から肝機能の促進や利胆の目的で用いられてきました。アトピーなどの炎症作用を抑制します。

  7. キウイエキス

    ビタミン類をはじめ、肌をすこやかに保つ栄養素が豊富です。
    ビタミンCやビタミンEは、老化の元となる活性酸素の抑制・傷ついた細胞の修復してくれます。肌のターンオーバーを正常化させて美白ケアだけでなくエイジングケア、保湿作用・収れん作用・皮膚柔軟化作用があります。

HOLOは原料にこだわり、これらの自然に抱かれた植物エキスをたっぷり含んでいます。家族みんなの肌をすこやかに保ち、にっこり笑顔もはぐくむ、やさしいスキンケアシリーズです。

2019.11.14 ラ・フローラEC12の働き

目には見えませんが私たちの肌の表面には、およそ1兆もの皮膚常在菌がいるといわれいます。この多種多様な菌からなる肌フローラは肌表面や毛穴まわりの保湿成分、免疫などの調節により皮膚のバリア機能に関わってきます。

肌フローラには皮脂を餌とし、「うるおい菌」表皮ブドウ球菌などが存在しています。

肌表面や毛穴まわりの保湿成分、皮膚のバリア機能など、肌を守る大切な働きをしています。

皮膚の常在菌は「皮膚上フローラ」という生態系を作っています。

常在菌の中でも、良い働きをする善玉菌が減少してしまうと、乾燥しやすく不安定な肌になり、肌に悪さをする悪玉菌の方が増えてしまうと、皮膚上フローラが乱れてしまいます。

皮膚上フローラはストレスや刺激などによって日々の中で常に変化します。

「ラフローラEC12」は、肌フローラが乱れた敏感肌やトラブル肌のバリア機能の改善をサポートします。

善玉菌を補い保つために「ラ・フローラEC12」を与えることが肌を保護し、整えるケアにつながります。