HOLO(ホロ)

2020.04.16 乳児期のスキンケア
大人と子供のお肌の違い

今日もお風呂あがりにHOLOが活躍です。
娘の保湿には、生まれた時から気を使っていたので娘とHOLOはいつも一緒。とっても仲がいいんです。

自分自身の経験から大人になって肌に悩みをもって欲しくなかったので新生児からお肌のケアに家族で真剣に取り組みました。

生まれてすぐから生後1ヶ月までの新生児のころは、一時的に性ホルモンの分泌量が増加するので皮脂がたくさん分泌(胎脂)されて、しばらくの間、胎脂の保湿成分で乾燥せず、肌のトラブルが起きにくくなっています。
この時期は皮脂量が多いため、沐浴で丁寧に洗うことが大切です。

生後2~3ヶ月からの保湿がとても大事

生後2〜3ヶ月すると皮脂の分泌も急激に減っていき、乳児期は一生のうちでももっとも皮脂の量が少なくなります。
この生後2〜3ヶ月後の保湿がその後の肌質を左右するといっていいほど重要なんです。

子供のお肌

大人のお肌

この時期は角質細胞にある天然保湿因子に含まれるアミノ酸、角質層細胞間物質のセラミドなども少ないので、肌の水分が保持しにくく、乾燥しやすいだけでなくバリア機能も弱くなります。[*1]

保湿クリーム選びがとても大切

私に似て少しの刺激で赤みや肌荒れを起こしていた娘もHOLOの保湿クリームは問題なく使えました。原材料を選び抜き、低刺激と保湿性にこだわったHOLOは娘だけではなく、肌の弱いお子様、肌の弱いモニターの方、アレルギー・パッチテスト、敏感肌テストを通して、多くの方のご協力を得て丁寧に作った商品です。

保湿がアトピー性皮膚炎の予防に!

アトピー性皮膚炎の治療方法の1つとして保湿剤を使ったスキンケアは重視されてきましたが、2014年の国立成育医療研究センターによる研究報告によって、保湿がアトピー性皮膚炎の予防にも繫がることがわかりました。新生児のころから保湿剤を使うことで、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低くなると発表されたのです[*2]。

食物アレルギー予防にも保湿が大切

なお、同じ研究からは、乳児期のアトピー性皮膚炎は、卵アレルギー、つまり食物アレルギーの発症につながることも報告されています。。

アトピー性皮膚炎や、それに続く食物アレルギーなどを予防するためにも、毎日のスキンケアで赤ちゃんの皮膚の健康を守ってあげたいですね。

乳幼児は汗が多い

乳幼児の肌には、ほぼ大人と同じ数の汗腺があります。乳幼児は大人に比べるとよく汗をかきますが、これは体が小さいわりにたくさんの汗腺があるからです。

たくさん汗をかくため、あせもや多発性汗腺膿瘍(汗腺に細菌が感染してできるおでき)のほか、細菌やホコリ・汚れがついて肌トラブルが起こりやすいのも乳幼児の肌の特徴です。皮膚バリアはわずか0.02ミリと薄いので、体を洗うときにタオルなどで強くこすると壊れてしまいます。せっけんをよく泡立て、泡で包み込むように洗いましょう。

大人以上に赤ちゃんのスキンケアでは、清潔と保湿が大切なことがわかりますね。

塗る量とタイミング

保湿剤を塗る時は、入浴後5分くらいを目安にすると効果的です。
清潔な手に保湿剤を取って、赤ちゃんの肌数カ所に点々とつけたら、手のひら全体で優しく丁寧に塗り広げましょう。皮膚のしわがあるところは、しわに沿って塗るとむらができにくくなります。保湿剤はすり込むのではなく、たっぷりと皮膚に乗せるのがポイントです。

塗る量は、肌がテカッと光って、ティッシュペーパーがくっつくくらいを目安にします。顔だけでなく、腕や足、お腹、背中、おしりなど全身に塗ってあげましょう。

季節と保湿

保湿は秋や冬だけでなく、春や夏も1年を通して続けていくことが大切です。

なお、冬は空気が乾燥するうえに暖房器具も使うため、ますます乾燥しやすくなります。乾燥しやすい時期には保湿剤の量やつける回数を工夫して、赤ちゃんの肌をしっかりと保湿してあげましょう。

年齢別皮脂量

[*1]日本皮膚科学会ガイドライン:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopic_GL2018.pdf
[*2]国立成育医療研究センター プレスリリース「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見」2014年
https://www.ncchd.go.jp/press/2014/topic141001-1.pdf