HOLO(ホロ)

2020.09.02 赤ちゃんの保湿剤の種類と選び方

赤ちゃんのお肌はとても繊細で、肌トラブルを引き起こしやすいのです。
肌トラブルから守るためには、お肌を清潔に保ち保湿してあげることが大切です。

では、赤ちゃんの保湿剤はどんな種類があるのでしょうか。
大きく4つの種類に分けられます。

□乳液・ローションタイプ
 伸びが良いのでお顔はもちろん、からだの広範囲に使えます。
 べたつきにくくお肌に浸透しやすいタイプです。

□オイルタイプ
 いわゆる油なので、すべりがよくお肌を傷つけずに保湿することができます。
 また、保湿だけでなくベビーマッサージとしても使えます。

□クリームタイプ
 乳液・ローションタイプと比べて保湿力が高く、乾燥が特に気になる赤ちゃんにオススメです。
 

□ワセリンタイプ
 お肌に蓋をしてくれるような役目で、水分の蒸発を防ぎます。
 乾燥がひどい口周りや関節などに塗り込むと効果的です。

お肌の悩みや用途によっていくつか使い分けるといいですね。
赤ちゃんの保湿剤は、なるべく無添加で植物由来の原料がおすすめです。